So-net無料ブログ作成
検索選択
人権擁護法案 ブログトップ

然う言うことじゃ、無いのだが……。(Track Back企画【謎】 [人権擁護法案]

一言僨事、一人定國

一言(いちげん)事ヲ僨(やぶ)リ、一人(いちにん)国ヲ定ム。

一言の発言が大事をくつがえし、一人の働きが国家を安定させる。

大学・中庸

が"大事"を覆す時です!



政府・与党は18日、人権擁護法案の修正について、人権の啓発などにあたる人権擁護委員への外国人選任は認めるものの、日本と国交がある国の国籍を持つ外国人に限る方向で検討に入った。

事実上、在日朝鮮人を除外することで、自民党内の法案慎重派に配慮する狙いがある。

自民党が同日開いた法務部会などの合同会議では、人権擁護委員を日本人に限る「国籍条項」がないことなどへの批判が相次ぎ、法案の了承を見送った。法案とりまとめの責任者である自民党の古賀誠・元幹事長は「与党人権問題等懇話会に持ち帰り、もう一度問題点を議論したい」と述べ、公明党と調整する考えを示した。

公明党は、国籍条項盛り込みに反対していることから、古賀氏らは、国交がある国の国籍を持つ外国人に限定する規定を法案に盛り込むことを検討している。公明党が提出している永住外国人地方参政権付与法案にも同様の規定がある。

与党は23日に与党人権問題等懇話会を開き、法案修正の取りまとめ作業に入る。ただ、自民党内では、法案に対する慎重論が根強いことから、国会提出が4月にずれ込む可能性も出ている。

yomiuri on-line

まぁ、やっと重い腰をマスコミが騒いでいる。国際条項だからなのでしょうが……ねぇ?

マスコミ規制が、何時、凍結から解凍にされるか分からないのに、言論等の本質的な問題に触れていないのには驚く許です。

しかし、反対派の議員の"言っている意味"が解かっていない、賛成派の"調整"には呆れ果てます。彼等は未だ、「人権擁護法案反対者=人権擁護反対者」で思考停止しているように見受けられます。(作為的にしろ、然うでないにしろ。)最早、「何処までの範囲の者に権を与えるか」という問題ではないにも関わらず、今更、委員の選任問題を態々議論しているのですから。(逆に無用な議論をしてくれた御蔭で、国民が動く時間が出来た事は或る意味、成果でしょうか。)

奇しくも(本来此処は「辛くも」が入る予定でした。)手に入った好機を逃がす手は在りません。人権を保持し、人権を濫用しない事は国民の義務です(日本国憲法 第12条)。時間は少なくとも、猶予はあります。今此処で反対しないのに、人権擁護法を受け入れない資格はありません

政治家、官庁にe-mailを送りましょう。反対、賛成の意思表示だけでも遣らないより、遥かにマシです。

bloggerなら記事を上げて、track backしましょう。blogger間の濃密な関係はso-netの強みです。些細な記事でも、track backで繋げば濃く成ります。行動を起こしましょう


注意:既存の、纏めBlogや纏めsite等は鵜呑みにして良いものでは在りません。反対や賛成などの意思表明、問題提起は直接法案等に当たって(一読して)から行うようにしましょう。(詳細は後日。)又、本文への組み込みは以下を利用して構いません。(1例です。)

<ul>
<li>「<a href="http://www.moj.go.jp/HOUAN/JINKENYOUGO/refer02.html"> 人権擁護法(案)</a>」</li>
<li>「<a href="http://www.moj.go.jp/HOUAN/JINKENYOUGO/refer01.html"> 人権擁護法案要綱</a>」</li>
<li>「<a href="http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken83.html"> 人権擁護法案に関するQ&A</a>」</li>
</ul>

以下が表示結果


全国人権連も… [人権擁護法案]

全国地域人権運動総連合(全国人権連)からも反対される人権保護って何なのよ?

(全国人権連のsiteがaccessibleで無いのは痛いよな。)



愚案に関するmailを送る。 [人権擁護法案]

各府省への政策に関する意見・要望を使って"内閣官房、内閣法制局、内閣府、法務省"へmailを送って見た。

何処に送ればよいのか判らなかったので、送り先は適当ですが……。

返事が来たら公開しましょうかね。



吃驚勧告書。 [人権擁護法案]

  1. 大阪弁護士会の勧告書が勧告書です。
  2. 人権擁護法案の自民党議論2で詳しく糾弾しています。

「国歌を歌わなくて良い」と言わないのが人権侵害ですか……。トンだ国際化も在ったものですね。


世紀の愚案(人権擁護法案) [人権擁護法案]

人権擁護法案を放って置いくのは危険です。委員に強力な権限が在りるにも関わらず、擁護すべき、肝心の基準が曖昧模糊としてるのです。

Bloggerとしても、見過ごせない条文が在ります。

続きを読む


人権擁護法案 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。